注目キーワード
  1. WEB
  2. デザイン
  3. SEO

お金を使いたい時やお金を使うのが怖い時はどうするべきか?答えは一つです。

人間の心は天気のようにコロコロと変わりやすいので、お金を使いたくなる時もあれば次の瞬間にはお金を使うのが怖くなったりします。

そしてよくある相談が

「お金は使いたい時は使うべきか?」

「お金を使うのが怖い時は使わない方が良いのか?」

今回はこの二つの質問の回答をメインにお金の使い方について解説してまいります。

お金を使いたい時は使うべきか?

まずは結論から申し上げましょう。

お金を使いたい時は一晩考えてから使うようにするべきです。

基本的にお金はどんどんと使った方が良いです。

お金には後述する「サイクル」というものがあり、使わなければ増えない性質があるからです。

ですが、欲望のままにあれもこれも、と欲しいものをどんどんと買っていればよほど懐に余裕がある方を除きあっという間に金欠になってしまいます。

お金は使うべき、と言っても自分の欲求に正直に欲しいものを次々と買いまくるのは当然お勧めしません。

人間の欲求は全てが正しいとは限りません。

特に物欲は「まやかしの欲求」である場合も多いです。

このまやかしの欲求は必要のない物を欲しがる気持ち、良くない影響を与える物を欲しがる気持ちの総称です。

人は身近な人の影響を受けやすいのでそれまで欲しくなかったのに、身近な人が利用していたり愛用していたりするのを見ると突然物欲が湧くことがあります。

例えば友人や同僚が乗っていた車を見て、「自分もあの車が欲しい!」と車が欲しくなる、などですね。

ですが、このような身近な人の影響を受けて生じた物欲やまやかしの欲求であることが多いです。

それまでも車が無くて不便な思いをしていたというのであれば別ですが、全く車が無くても問題なく生活していた場合は、いざ車を購入するとまやかしの魔法が解け

「自分は何でこんな物を買ってしまったのだろう。」

と後悔するものです。

ですので衝動買いはNGです、車のように高い買い物であれば尚更です。

一晩おいて、とつけたのは一晩の間に「本当に自分にとってそれは必要か。」とよく自問自答する必要があるからです。

本当に必要な物でなければ一晩の間に「やっぱりいらないな。」と気が変わることが多いです。

まとめますとお金が使いたくなったら(何かが欲しくなったら)衝動買いはせずに、一晩置いてから決めるようにする、ですね。

また、まやかしの欲求に負けてしまった場合はそれを放置するのではなくすぐに断捨離することが大切です。

特に金運に効く!日本人でも成功しやすいスピリチュアルな断捨離方法について

お金を使うことが怖い時はどうすれば良いのか?

お金が使うことが怖い時はその前後に何かお金に関する失敗をした場合が多いです。

また、自分自身でなくてもお金に関する失敗談や恐怖体験を見聞きするだけでも「自分も同じような目に遭うかも」とお金を使うことが怖くなることがございます。

ですが、先にも申し上げたようにお金は使うべきです。

特に若ければ自分への投資も含め、お金は積極的に使っていくべきでしょう。

お金に関する失敗があるのは確かです。

ですが前述した即決せずに「一晩あける」テクニックを用いれば失敗するリスクもぐっ、と減らすことができます。

また、人間は新しくこの世に生を受ける時に、神様が携わる事をご存じでしょうか?

人間が新しい命を祝福するように、神様も新しい命の誕生を祝ってくれます。

神様が生まれてくる新しい命に応じた“才能”と“個性”を与えてくれるのです。

それは、芸術の才能だったり、落語家のように話が上手い才能だったりと貰い受ける才能は人それぞれです。
人間が誰一人として同じ方がいないのは“才能”と“個性”によるものです。

そして多くの人は神様から「金銭面」の才能を与えられております。

これはどこの国に生まれても金銭面の才能は生き抜く上で必要不可欠だからです。

金銭面の才能はお金をうまく自分のために使っていくことも含まれております。

ですので、多少の失敗はあれど取り返しがつかないような大失敗をする可能性は低いと思ってください。

お金を使えば確かにお金は減ります。

金銭的に困窮した経験があるか、今現在貧困に喘いでいる方はそれが原因でお金を使うことが怖くなってしまうこともあるようです。

ですがお金を使わなければ今の現状も何も変わらないので、あまり恐れすぎるのも良くありません。

それでもどうしても怖い、という方はお金に困らない方の共通点を模倣をすることをお勧めいたします。

お金に困らない人に共通する三つのスピリチュアルな生き方・行動について

お金を使う時のスピリチュアルテクニック

「正体を言い当てた見返りに恩恵を授ける」という逸話をあなたは聞いたことはあるでしょうか?

このような逸話は日本を始め、世界には数多く存在しております。

日本での妖怪忌憚などでも、例えば、夜に歩く旅人を化かす狐がその正体を見破られて退散したり、海外でも、少々形は違いますがスフィンクスなどは有名な似たような例かもしれませんね。

そして「物の名前を呼ぶ」行為は目に見えない魂を引きつけるために必要です。

西遊記のひょうたんなどがその一例でしょう。名前を呼ばれて返事をすると吸い込まれてしまうアレです。

この特性を利用したテクニックがありますのであなたにお伝えいたしましょう。

今度、何かを購入された際は、購入された物の名前をしっかり「読み上げましょう。」

商品名であれば商品名をしっかりと読み上げるのです。

それに何の意味が?

と感じたかもしれませんが、実は購入後にすぐに商品名を読み上げることでその商品を購入するに使ったお金が戻りやすくなるのです。

先に「物の名前を呼ぶ」行為は目に見えない魂を引きつけるために必要、と説明しましたがお金も実は目に見えない魂の一種です。

金は天下の回り物という諺がありますが、お金は使うことで戻ってくるというサイクルがあるのです。

そして商品名を読み上げることでこのサイクルの「戻る」がより強力になるのです。

また、落ちているお金を拾い世の流れに戻してあげることも大切です。

ですのでどんなに少額でもお金が落ちていればそれを広い世に戻してあげましょう。

小銭を拾う事のスピリチュアル的な意味と5円玉の驚異の力

最後に

お金を使うことの関してのお悩みが少しでも本記事で解消したのであれば幸いです。

そして出来るのであればお金を使うのであれば

全てが「生き金」となるように心がけていただくとより良いですね。

この世界には「生き金」と「死に金」という概念がありますので、使うお金が全て「生き金」となるようにしていきましょう。

生き金、死に金についてはこちらの記事をご参照ください。

生き金と死に金、この二つの特徴と注意点について

 

 

魂の道標とは? 海外トップ鑑定師やここでしかできない鑑定が受けられる究極のオンラインサロンです。 占い初心者から上級者まで全て歓迎!! 魂の道標の詳細はこちら 鑑定の流れやQ&Aなどはこちら どのジャンルも絶対的な自信あり!まずは一度鑑定を受けてみてください。 きっと他との「違い」がわかるはずです。 何か受けたい鑑定やご質問があればこちらのLINEから 友だち追加」ご連絡をください。
最新情報をチェックしよう!