注目キーワード
  1. WEB
  2. デザイン
  3. SEO

急に肉が食べられなくなった時のスピリチュアルな意味と今後の対策

急に肉が食べられなくなった。

そのような相談を受けることがよくあります。

あなたにはそのような経験があるでしょうか?

肉が食べられなくなったことにはスピリチュアルな意味がございます。

今回はそのスピリチュアルな意味と肉が食べられなくなった時の対策などをまとめてみました。

肉が食べられなくなった時に考えられること

肉の波動が合わなくなった

肉は良くも悪くも波動の強い食べ物です。

何と言っても元は豚や牛、鳥などの動物です。

人間も動物の一種ではありますが、人間は身体能力の面で言えば他の動物と比べ大きく劣ります。

ですので自然界のヒエラルキーでは人間はピラミッドの頂点にいると思われがちですが、実は総合的に見れば最下層にいるのです。

ですので私たちが普段食べている肉や魚は私たちよりも「強い」動物なのです。

そして当然人間よりも強い動物ですので「合う合わない」があります。

人間は雑食の動物ですし合わないものもある程度合わせることができる柔軟性を持っております。

ですので多少、相性が良くなくてもカバーできてしまうのですが、肉のように波動の強い食品だと

  • 体力の低下
  • 体調不良
  • 相性の良くない運気を多く取り込んだ
  • 良くない霊に取り憑かれた

などがあると肉が受け付けなくなることがあるのです。

残留思念が感じ取れるようになった

残留思念とは特定の場所に留まっている思念のことです。

場所だけでなく肉体にも残留思念は残ります。

そして肉体が生命活動を終えた後でも、残留思念は消えずに残ることがあるのです。

特に神々の意志を人々に伝えるメッセンジャーの役割がある動物や

他の個体とは異なる大きな使命を背負った「特別種」は残留思念が死してもなお、残ることが多いです。

霊感が高まるとその残留思念も無意識に感じ取ることができるようになります。

そして肉に残留思念が残っていると、その肉を食べる瞬間にそのメッセージが脳内に刷り込まれます。

多くの場合はそれが肉に残っている残留思念だとは気づかないのですが、多くの方は気味が悪いと感じるようになり肉を避けるようになるのです。

総合的に強くなった

肉は体に良くない!

と、いった肉食は悪だという風潮があります。

実際、肉の悪影響を説いた本は多数世に出ております。

それをまに受けて

「肉は危険!肉を食べるのはやめよう!」

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

確かにベーコンなどの加工肉はあまり体に良くないのは確かですが、純粋な肉は良質なタンパク質であり各種ビタミンの宝庫でもあります。

エバラ食品

植物油にはほとんど含まれず、牛肉や豚肉の脂肪に含まれるアラキドン酸の一部は脳内で「アナンダマイド(アナンダミド)」という…

何より強いエネルギーを生み出すエネルギー源ともなる食品です。

ですので、決して体に良くないということはないのですが、ベジタリアンやヴィーガンという思想があるように

ベジタリアン・ヴィーガンとスピリチュアル 肉の持つ力や肉を断つことで得られる力

動物性タンパク質を断ち切っても生きることはできます。

そして突然肉への欲求が薄れたのであれば、あなたは総合的に強くなった可能性がございます。

肉はエネルギーを生み出すエネルギー源だとお伝えしましたが、エネルギーに満ち溢れていれば強いエネルギーの塊である肉は過剰な存在として無意識に認識するようになり、肉への欲求も薄れていくのです。

ただ、この場合はエネルギーが弱まればまた肉への欲求も復活することがあります。

体の欲求にはしっかりと従うのが吉

体の欲求とは体の声です。

肉を食べたいのであれば食べる。

肉を食べたくないのであれば食べないようにすると自然と体は満たされていきます。

ただ、この欲求の見極め方は意外と難しいものです。

本当は肉を食べたいのに、

「でもカロリーが高いから。」

「前日もたっぷりとステーキを食べたから。」

という抑止する気持ちがあると、その気持ちも曖昧になってしまいます。

これを防ぐには普段から栄養バランスが良く、偏りのない食事にすることが大切です。

また、パワーフードも積極的に食べるようにすることで、パワーの定期的な補給ができ肉の食べ過ぎを抑えることができます。

運気に効く!厳選最強パワーフード8つを紹介。

肉の食べ過ぎはNG!

どのような食品でも食べ過ぎは体に毒ですが、波動の強い肉は特に大きな毒となります。

肉を食べすぎると腸内で「悪玉菌」が増えると聞いたことはございませんか?

腸活中でも焼肉が食べたい。そんな日は「腸の準備」を!食べ方にコツがあります

それは事実ですので肉は特に食べすぎないように注意です。

そして食べる時はキャベツなど野菜をたっぷりと食べるようにしましょう。

また、スピリチュアル面で言うと肉を食べすぎると肉の持つ強い生命エネルギーに体が圧され負荷がかかることがございます。

それ以外にも自己主張の強い動物の生命エネルギーは「雑念」となり、その人の持つ霊感や霊性を狂わせてしまうこともあるので十分な注意が必要です。

ベジタリアン・ヴィーガンにはなるべきか?

肉を食べたくはない、という欲求の一つに

「動物愛護」があります。

シンプルに説明すると動物を食べるのが可哀想だから(嫌だから)肉を食べるのをやめよう!

という思想です。

ベジタリアン・ヴィーガンは賛否がありますが、私は中立的な意見を持っております。

「あなたもベジタリアン・ヴィーガンになるべきよ!!

肉を食べるのはやめましょう!!」

と思想を押し付けるのはNGですが、動物愛護が強まったから、と個人で行う分には特に問題はないと思います。

ただ、人間は雑食動物であり基本的には動物性タンパク質への欲求が強い生き物です。

ですのである日突然、肉が食べたくなくなっても、肉を食べられなくなっても

また突然、その欲求が復活することはよくあります。

そのような時も、その欲求を無理やり抑えようとして頑張り続ける方もいらっしゃいます。

しかしそれは強いストレスと毎日のように戦い続けることになり、幸福度も下がることになるの肉への欲求が強まった時は無理をせず、肉を食べるようにしましょう。

人間の考えはコロコロ変わるのが普通ですから、それは不思議なことではありません。

最後に

まとめますと

  1. 肉は決して良くない食べ物ではない。
  2. ただ、肉は波動が強い食べ物であり、食べすぎると負荷がかかる。
  3. 体の欲求には素直に

といったところでしょうか。

「自分の体には肉は合っているのか?

このまま肉を食べ続けても良いのか?」

などとお悩みの方は遠慮なくご相談ください。

私は相性診断が得意ですので、あなたと肉の相性を測り適切なアドバイスを提供していきますからね。

魂の道標とは? 海外トップ鑑定師やここでしかできない鑑定が受けられる究極のオンラインサロンです。 占い初心者から上級者まで全て歓迎!! 魂の道標の詳細はこちら 鑑定の流れやQ&Aなどはこちら どのジャンルも絶対的な自信あり!まずは一度鑑定を受けてみてください。 きっと他との「違い」がわかるはずです。 何か受けたい鑑定やご質問があればこちらのLINEから 友だち追加」ご連絡をください。
最新情報をチェックしよう!