注目キーワード
  1. WEB
  2. デザイン
  3. SEO

ヒーラーに向いている人の特徴とヒーラーへのなり方をプロヒーラーがお教えいたします。

バリアンヒーラー、リエルです。

ヒーラーになりたいと希望される方は年々増加傾向にあります。

癒しはいつの時代も人気コンテンツの一つ。

ですが昔は癒しを「与える」のではなく、癒しを「求め」癒されるサービスを受けたい方々が大半でした。

癒しを受けるのは簡単ですが、癒しを与えるのにはかなりのエネルギーが要されるからです。

それに一昔前は自分のことで精一杯で、他人を癒す余裕などは無い方が多かったのだと思われます。

ですが人間には元々「人を癒す」力が備わっております。

その良し悪しや大小の個人差はありますが、誰にでも癒しの力は備わっているのです。

人を癒すことは特別なことであり、天性の才能がなければできない、やってはいけないと思われている方も多いですがそれは誤解です。

特別な才能がなくても人を癒すことはできるし、それが禁止されているわけでもありません。

おそらくそのことに多くの方が気付き始めたのだと思います。

そして今回の記事はヒーラー志望の方の背中を押す様な内容となっております。

ヒーラー志望の方も増えてきてはいるのですが、やはり

「自分なんて・・・」

と、自信がない方が多いのでそのような方が一人でも多くヒーラーとして活躍できる様に今回の記事を書かせていただきました。

まずはヒーラーに特に向いている方の特徴を紹介していきましょう。


ヒーラーに向いている方の特徴とは?

人には癒す能力が元々あり、人を癒すことは誰にでもできます。

ですが特にその人を癒す才能が長けている方はいるものです。

そんなヒーラーとして向いている方の特徴をここでは紹介して参ります。

共感性が高い

共感性とは思いやりや優しさを意味するものであり、第三者の感情を正しく推し量る能力のことも意味します。

最近、色々なところで見るHSP(ハイリー・センシティブ・パーソンの頭文字を取った言葉で視覚や聴覚などの感覚が敏感で、非常に感受性が豊かといった特徴を生得的に持っている人のこと))はまさに共感性が高くヒーラーにも向いております。

ですが共感性が高い方は繊細であり、外部からの刺激に弱く、多くのストレスを抱えがちです。

会社や学校などの集団生活に馴染めず、孤立もしやすいです。

今、活躍しているヒーラーのほとんどはこれに当てはまり、かつては抱えている多大なストレスに押し潰されそうになったり、自分の生き方や心のあり方に悩んだり、「癒しを求めている側」でした。

安定感がある

ヒーラーに最も求められている要素の一つが安定感です。

そもそもヒーリングという術は、肉体やメンタル、スピリチュアルが安定していないと良いものは生み出しません。

これはヒーリングに限らず、スピリチュアル(精神的な)エネギーを伴うほとんどのものには同じことが言えます。

それに心が弱っている不安定な方は同じ不安定な方に敏感です。

少しでもヒーラーに不安定な部分があるとより不安感が増して、疎遠されたり拒絶されたりします。

ですからどっしりと相談者を受け入れる安定感が何よりも大切なのです。

周囲に流されずしっかりと自分というものを持っている

スピリチュアルの世界は移り変わりが激しく、様々な情報が飛び交っております。

その中には真実とは異なる情報も多いです。

そんな情報に惑わされて偽りのヒーリングを取り入れたりするのはヒーラーとしてやってはならない禁忌です。

それにヒーラーという職業は世間一般的に認知され、受け入れられているものではありません。

時には白い目で見られたり、心無い言葉をかけられたり、否定されることも多いです。

そんな時でもしっかりと自分の世界を確立していれば、周囲に流されたりしないものです。

特に長期的にヒーラーとして活動していくのであれば、早いうちに自分自身というものを確立させておくことが大切です。

都心から離れ、自然の中で暮らしている

ヒーラーのエネルギーの源は多くの場合

山、川、海、森、動物たちの声、湧水、草花

といった自然そのものです。

自然といえば、誰でも平等に癒しを与えてくれる大いなるもの。

特定の植物が嫌いとか、この木々が発する香りが苦手という細かい好き嫌いはありますが、

「自然が嫌い」という方はまずおりません。

ですので、多くのヒーラーは最も万人受けする自然をエネルギー源としているのです。

意識やレベルの高いヒーラーほど、都心から離れた空気が綺麗で自然が豊かなところで暮らしております。

コンクリートジャングルに囲まれた緑の少ないエリアだと、いかにレベルの高いヒーラーでも質の高いヒーリングは打てないものなのです。

強い奉仕精神がある

ヒーラーになって大金持ちになりたい。

という方はヒーラーには向いておりません。

諦めてください。

金銭欲は決して悪い欲ではありませんが、金銭欲などの物欲とヒーラーとの相性は最悪です。

なぜなら金銭欲の様な俗的な欲が強いと純粋な癒しの力(ヒーリングエネルギー)が飲み込まれ、質が弱くなってしまうからです。

ヒーリングエネルギーはとてもピュアなもの。

そんなピュアなものは俗的な欲には弱く、すぐに染まってしまうのです。

ですので

  • 無償で働くのも全く苦ではない。
  • 一人でも多くの人々を救っていきたい。

というような奉仕精神が強い方がヒーラーには向いております。

ヒーラーになるにはどうすれば良いか?

多くの方はヒーラーとして活動することは非常に難しくハードルの高いこと。

と思われているようですが、決してそのようなことはございません。

これは占い師もそうですが、ヒーラーになるのには特別な資格は必要ございません。

つまり、極端な話ではありますがなんの実績はなくても

「今日から自分はヒーラーだ!!!」

と名乗れば、その時点であなたはヒーラーなのです。

そしてヒーリングという行為も実はハードルの低いものです。

もちろん、ヒーリングといってもピンからキリまでありますが誰でもかけられる易しいヒーリングも存在します。

それは

「トークヒーリング」

とよばれる

言葉でのヒーリングでございます。

言葉によって人は一喜一憂したりするように、言葉には実はすごい魔力が含まれているのです。

そして言葉によって人に「癒し」を与えることも可能です。

例えば

「お疲れ様」

「ご苦労様」

といったねぎらいの言葉。

これを心を込めて伝えれば立派なヒーリングとなります。

あとは

「大丈夫だよ。」

「なんとかなるよ。」

というフォローの言葉

「ありがとう。」

「感謝いたします。」

といった感謝の言葉

も相手に癒しを与えることができます。

重要なのは「仕事だから」

「言わなければいけないから。」

と義務感に駆られてロボットの様に無感情に発するのではなく

心を込めて丁寧にいうことです。

そうすることで立派なトークヒーリングとなります。

あとは、マッサージ、エステ、サロン、スパ

などの「癒し」を提供する職業につくことでしょうか。

癒しを与える職業についている方も広義にはヒーラーと言えるのです。

最後に

ヒーリングは誰でもできるものです。

是非本記事を参考に簡単なものでも構いませんので、人に癒しを与えていきましょう。

ただ、

そういうんじゃなくてもっと本格的なヒーラーになりたい!!

すごいヒーリングが使える様になりたい!!

という方もいるでしょう。

このリエルは、バリアンヒーラーとして多くのヒーラーを育ててきた実績がございます。

ヒールを放つことはもちろん、ヒーラーを育てることも非常に得意ですので

ヒーリングを学びたい

ヒーラーになりたい

という方はこのリエルまで遠慮なくご相談ください。

 

魂の道標とは? 海外トップ鑑定師やここでしかできない鑑定が受けられる究極のオンラインサロンです。 占い初心者から上級者まで全て歓迎!! 魂の道標の詳細はこちら 鑑定の流れやQ&Aなどはこちら どのジャンルも絶対的な自信あり!まずは一度鑑定を受けてみてください。 きっと他との「違い」がわかるはずです。 何か受けたい鑑定やご質問があればこちらのLINEから 友だち追加」ご連絡をください。
最新情報をチェックしよう!