注目キーワード
  1. WEB
  2. デザイン
  3. SEO

帝王切開で生まれてくる赤ちゃんとお母さんのスピリチュアルな特徴を徹底解説

帝王切開で産んだお母さんと生まれてきた赤ちゃんは特別な種である可能性が高いことをご存知でしたか?

帝王切開とはお母さんか赤ちゃんに、何らかの問題が生じて経膣分娩が難しいと判断された場合に、子宮切開によって胎児を取り出す手術方法のことです。

帝王切開による割合というのは実は高く、それほど珍しいことではございません。

2017年に厚生労働省が発表したデータですと帝王切開した人の割合は、病院で出産した人の25.8%、診療所で出産した人の14%。

件数から算出すると、 4人に1人が帝王切開 をしていることになります

つまり、4人に一人は特別な赤ちゃん、または特別なお母さんである可能性があるということになりますね。

帝王切開により生まれてきた赤ちゃんに見られる特徴をまずはお伝えしていきましょう。

帝王切開により生まれてきた赤ちゃんの特徴

前世の記憶を持っている

大半の方は輪廻転生の際に前世の記憶を失っております。

が、帝王切開により生まれてきた赤ちゃんは高い確率で前世の記憶が引き継がれることが多いです。

それも一部ではなく、かなり情報量の多い記憶です。

そういった赤ちゃんほど

  • 言葉の覚えが非常に早い
  • 学習能力が高く、成績が非常に良い
  • 年齢に見合わない大人びた雰囲気がある(老けているのとはまた異なります)

などの他の子とは違った特徴が早くから出てきます。

特別な潜在能力を秘めている

帝王切開で生まれてきた赤ちゃんは他の子とは異なる潜在能力を持っている確率が高いです。

その潜在能力とは

・千里眼

・透視

・ヒーリング

・チャネリング

など、スピリチュアルと関連性の高いものであることが多いです。

大きな使命を抱えている

使命は基本的に大きなもので一生をかけて取り組んでいくものです。

ですが、使命にも個人差がありとりわけ大きな使命を背負っている方も中にはいらっしゃいます。

そして一際大きな使命を抱えて生まれてくる子はいろいろな意味で重く、自然分娩できないことがあるのです。

ですから背負っている使命が大きければ大きいほどに、帝王切開する確率は高まります。

帝王切開で出産したお母さんの特徴

同じく、特別な潜在能力を秘めている

ただ、その潜在能力は

ヒーリングをはじめとした癒しを自分や第三者に提供する潜在能力であることが多いです。

そして潜在能力は大きな刺激や大きな感情の揺らぎが起こると覚醒するもの。

帝王切開と出産はまさに大きな刺激も大きな感情の揺らぎも同時に起こることですので、この際に秘められた潜在能力も開花することが多いです。

出産後、周囲から

「なんだか雰囲気が変わった」

と言われることが多くなったのであれば、あなたの潜在能力が出産時に覚醒した可能性が高いです。

変化が激しい

年齢を重ねても容姿も性格もあまり変わらない人と

すぐにコロコロと容姿や性格が変わったりする人がいますが、帝王切開するお母さんは後者であることが多いです。

とにかく変化を好み、容姿や性格だけでなく環境や人付き合いもよく変えていく方は

「多動性のエネルギー」となっております。

多動性エネルギーとは、様々なエネルギーを受けたことによりエネルギーの動きが多くなることです。

エネルギーの動きが多く激しくなることで、器用になり様々なスキルや言語を会得しやすいというメリットもありますが

体質や気質、メンタルなどが不安定になるというデメリットも受けることになります。

そして出産は大変なエネルギーや気を総動員して行うもの。

なんらかの不安定要素があると、うまく行えないので変化の激しい方は帝王切開になる確率が高いです。

普通を嫌う

メジャーなものや人と同じことを嫌い、良くも悪くも個性的で自分の世界観をしっかりと持っている方も帝王切開になりやすいです。

4人に1とはいえ、やはり自然分娩で出産するお母さんが多いのでアンチメジャーであったり、普通なことが嫌いな方は帝王切開になりやすいです。

太っている

近年、太っていることは個性として認められ、太っている方もコンプレックスを感じにくい社会になりつつあります。

ですが健康という観点から見ると肥満は良くないことと言わざるを得ません。

肥満は全身の細胞が膨張し、炎症を起こしているような状態です。

そして親の体質や気質も遺伝することがありますので、肥満である自分を受け入れてしまうと

子供も同じように、肥満の自分を受け入れてしまい、肥満が加速してしまったり痩せることをすぐに諦めてしまうことがございます。

また、お伝えした通り、出産は大きなエネルギーを使う行為ですが肥満である状態は痩せ型の方より遥かに燃費が悪く、大量のエネルギーを必要とします。

ですので、太っている状態で出産しようとするとうまくいかず、帝王切開という選択肢をとることが多いのです。

まとめ

これまでのことをまとめますと

帝王切開で生まれてくる赤ちゃんは良い意味で特別な赤ちゃんであり

帝王切開で出産するお母さんは良くも悪くも特別なお母さんだということです。

唯一改善するべきことがあるとしたらやはり肥満でしょうか。

特に肥満である自分を受け入れてしまうと、そのような気質が赤ちゃんにも遺伝してしまうことがあるので良くありません。

それに普段から負担がかかっている体を帝王切開で更に負担をかけさせてしまうのも良くありません。

帝王切開は大切な子宮を切開して胎児を取り出す手術です。

かなりの負荷がかかりますので、これから赤ちゃんを産む予定がある方は肥満だけにはならないように気をつけてください。

魂の道標とは? 海外トップ鑑定師やここでしかできない鑑定が受けられる究極のオンラインサロンです。 占い初心者から上級者まで全て歓迎!! 魂の道標の詳細はこちら 鑑定の流れやQ&Aなどはこちら どのジャンルも絶対的な自信あり!まずは一度鑑定を受けてみてください。 きっと他との「違い」がわかるはずです。 何か受けたい鑑定やご質問があればこちらのLINEから 友だち追加」ご連絡をください。
最新情報をチェックしよう!