注目キーワード
  1. WEB
  2. デザイン
  3. SEO

男の子を妊娠することのスピリチュアルな意味 そして男の子を授かる確率を高める二つの行い

今回は妊娠と性別について。

赤ちゃんは男の子を授かる人もいれば女の子を授かる人もいますよね。

その違いは何か、理由は何か考えたことはございますか?

この世界に理由が無いことは基本的にございません。

全てのことに理由があるのです。

もちろん、男の子を授かったのであれば男の子を授かった理由が

女の子を授かったのであれば女の子を授かった理由があるのです。

今回は男の子を妊娠することのスピリチュアルな理由と、男の子を妊娠するためにどうすれば良いかなどを説明していきます。

男の子を妊娠したスピリチュアルな理由

それまでの人生で男性とあまり関わりがなかった

もちろん、妊娠している時点で男性との濃い関わりがあるのは間違い無いですが

「全く」ではなく「あまり」なかったですのでどうか誤解無いようお願いいたします。

男性と関わりが無いだけでなく、男性に対してあまり良い印象を抱いていない場合も男の子を妊娠しやすいです。

  • 男性とあまりお付き合いをしてこなかった
  • 男性との良い思い出があまり無い
  • 男性に対して嫌悪感がある

などですね。

妊娠はしたのに矛盾しているように感じている方もいるかもしれませんが男性が苦手な方でも

子供が欲しいと望まれている方はいらっしゃいます。

そのような方の中には妥協をして結婚・妊娠をする方もいるのです。

ただ、男性と女性は切っても切れない関係にありどちらかだけに偏ってしまうと、その方の性格・エネルギー・価値観なども偏ってしまう傾向にあるのです。

男性と女性は同じ人間でも全く異なった生き物といっても良いほど違うものです。

ですが違うからこそ多様性が生まれ、お互いに足りないところを補足しあったりすることができるのです。

今までの人生であまり男性と関わってこなかったり、男性があまり好きでは無いという方はその偏りや好みを矯正するために男の子を授かることがあります。

母性が強い

女の子が生まれるとお母さんは「子供」というより「仲間」という目線で育てる傾向にあります。

これは同性であることが強く関係しており、同じ性別だと血を分けた子供であっても子供ではなく仲間という目線で無意識に見てしまうのです。

もちろん愛情を注ぎ大切にするという点では同じですが、無意識に仲間目線で見てしまうことで

子供というよりかは「友達」のように接してしまうお母さんも一定数いらっしゃいます。

が、男の子ですと仲間ではなくはっきりと「子供」と見て接するようになる傾向があります。

そしてお伝えしたように、男性と女性は全く違う生き物です。

赤ちゃんが男の子であった場合、自分とは全く違う生き物を0から育てるわけですから、子育てのストレスも女の子の赤ちゃんよりも男の子の赤ちゃんの方が強いと言われております。

並程度の母性ではそのストレスに負けて育児放棄などにつながってしまうこともあります。

ですから母性が強ければ強いほど男の子を育てるのに向いており、母性の強いお母さんほど男の子を妊娠する確率も高いのです。

家系を強くする必要があるから

男性は責めが得意で女性は守りが得意とされております。

これは男性は古来から狩猟に出かけ家族を支え

女性は男性の留守の間に家を守る役割に分かれていたためです。

今は女性も社会進出するようになりましたが、それでも専業主婦という選択を取る女性も多くいます。

専業主婦は時に

「楽をしたいだけ」

「働きたく無いだけ」

という批判を浴びることもありますが、それは誤解です。

専業主婦を希望される女性は「家(家族)を守る」という意識の高い方なのです。

共働きの家庭も多いですが、自分も働きに出ればその留守の間は家や家族を守ることができなくなりますよね。

それを心配・不安に思う守護意識の高い女性は専業主婦という選択を取ることになるのです。

そして守護意識の高い女性は男の子よりも女の子の赤ちゃんを希望される場合が多いです。

これは同じように守護意識の高い女性を無意識に望んでいるからですね。

ただ、家系を強くし、栄えさせたいと願う女性は女の子よりも男の子の赤ちゃんを望む傾向があります。

これはやはり男性の方が、栄えさせるということが得意だからです。

男の子の赤ちゃんを妊娠する確率を高めるための行いとは?

これまでの説明からもわかったと思いますが、赤ちゃんの性別は決して運だけが全て、というわけではございません。

母体となるお母さんの願望や考え方などが反映され決まるのです。

そして男の子の赤ちゃんを授かる確率を高めるには

「母性本能を強める」ことが一番です。

母性本能が強まれば、男の子の赤ちゃんになる確率が高まります。

もちろん、絶対ではありませんがどうしても男の子の赤ちゃんが欲しい!という方は試す価値があります。

それにもし、男の子ではなく女の子の赤ちゃんが生まれたきた場合でも母性本能が高まればよりその子のことをしっかりと愛せるようになります。

母性が強まってもこれといったデメリットはありませんのでどうかご安心を。

そして母性本能を強める方法は二つございます。

一つは

生命の誕生の瞬間に触れる

出産シーンを見ることで女性の母性本能は強まります。

今の時代、動画サイトなどで簡単に出産シーンを見ることができるようになりました。

動画越しでも有効ですので様々な動物の出産シーンを見るようにしましょう。

男性は

「感動した」

といった感想が多いのに対して女性はもっと

「生命の神秘を感じた。」

といったスピリチュアルな感想を抱く人が多いです。

そして生命の神秘を感じるだけでなく、生命の誕生を見ることでうちに秘められた母性本能が高まっていくのです。

子供と触れ合う

肉親・知人・友人などに子供がいれば積極的に子供と触れ合うようにしていきましょう。

たとえ自分とは血縁関係にはない子供であったとしても、子供と触れ合うたびに母性本能が高まっていきます。

子供というのは未熟で未完成な存在です。

それゆえに触れ合うことで「守ってあげたい。」という母性本能が強まることになるのです。

そして子供嫌いの方であったとしても子供と触れ合う回数が多い環境だと、子供嫌いが解消されたりすることもあります。

こちらも人間はもちろん、動物の子供であったとしても効果はあります。

動物園などで動物の子供との触れ合いコーナーなどがあれば積極的に利用すると良いでしょう。

最後に

今回は男の子が授かるスピリチュアルな理由と男の子を授かる確率を高める方法について紹介いたしました。

何か質問などがあればお答えいたしますので遠慮なくコメント欄などに書き込んでください。

魂の道標とは? 海外トップ鑑定師やここでしかできない鑑定が受けられる究極のオンラインサロンです。 占い初心者から上級者まで全て歓迎!! 魂の道標の詳細はこちら 鑑定の流れやQ&Aなどはこちら どのジャンルも絶対的な自信あり!まずは一度鑑定を受けてみてください。 きっと他との「違い」がわかるはずです。 何か受けたい鑑定やご質問があれば「お知らせ」からご連絡をください。
最新情報をチェックしよう!