注目キーワード
  1. WEB
  2. デザイン
  3. SEO
MONTH

2021年2月

  • 2021年2月28日
  • 2021年2月28日

守護霊への感謝の伝え方と感謝がもたらす5つのギフト

スピリチュアルに興味を持つようになれば、守護霊を意識する機会も増えていくはずです。 守護霊の存在を信じない方も多いですが 守護霊は誰にでも一体は必ずついているものです。 守護霊を信じられないのは、その存在を感じられなかったり 事故や病気、怪我などを負う機会が多かったり などの理由が多いようです。 そ […]

  • 2021年2月26日

ベージュの持つスピリチュアルな意味と効果的な使い方について。

ベージュに無意識に惹かれる、そんな時ってありませんか? ベージュは「茶色」と「白色」を混ぜて明るさを足した色です。 好きな色は? と聞かれて「ベージュ」と答える方はそう多くはないでしょう。 ですが潜在的に多くの方が求めている、スピリチュアル的な意味では人気な色だったりします。 ではなぜベージュを多く […]

  • 2021年2月23日
  • 2021年2月26日

紺色の持つスピリチュアルな意味とその効果的な使い方について

今回は「紺色」とスピリチュアルについてです。 青色と黒色を混ぜたような中間カラーである紺色 落ち着いた色合いで人気があり、様々なプラスの意味もあります。 今回はそんな紺色のあまり知られていないスピリチュアルな意味について説明してまいりましょう。 紺色は善か悪か、どちらかに転じる転機の色 青色は青色と […]

  • 2021年2月22日
  • 2021年2月22日

灰色の持つスピリチュアルな意味と効果的な使い方を説明いたします

あまりピックアップされたり、意識されたりすることが少ない色である 「灰色」 ですが、灰色にもやはりスピリチュアルな意味が多数ございます。 そして決して無視してはいけない色でもあります。 今回はそんな灰色の持つ意味と効果的な使い方について紹介して参ります。 灰色は協調や調和を意味する色。 灰色はどこと […]

  • 2021年2月20日

スターシードの使命と10の特徴とは?

宇宙に愛されし存在、アイザックです。 今回お話しするテーマは 「スターシード」 彼らは私にとっても実に縁深い存在です。 私の専門は宇宙ですが、彼ら(彼女ら)スターシードは宇宙からやってきた いわば「宇宙人」です。 私も深く宇宙との繋がりがある故に、これまで何人ものスターシードと出会ってきました。 で […]

  • 2021年2月18日

虹色の持つスピリチュアルな意味とその素晴らしい使い方について

虹色・・・ 多くの色を含む人気カラーです。 そして非常にスピリチュアリティーの高い色でもあります。 虹色の定義は国によって異なるのはご存知でしょうか? 日本では 赤・橙・黃・緑・青・藍・紫が虹色となっておりますが、国によって微妙にその色に違いがあるのが面白いところです。 そして虹色はスピリチュアリテ […]

  • 2021年2月15日

水色の持つスピリチュアルな意味と効果的な使い方について

爽やかで瑞々しい「水色」 嫌いな人はまずいないであろう明るく使いやすい色でもあります。 そんな水色にもやはりスピリチュアルな意味がございます。 あまり知られていない水色の意味も多々ありますし、より水色の意味や効果が引き立つ取り入れ方もございます。 水色が好きで普段よく使っている方はもちろん、あまり水 […]

  • 2021年2月14日

白龍様の役割と白龍様がついている人の特徴をお伝えします。

アイザックです。 本日のテーマは「白龍」様についてです。 龍の人気は高く、スピリチュアルに興味のない人でも、崇めたり魅力的と感じたりするものです。 それはなぜか? 龍という存在は全ての頂点に君臨する存在だからです。 百獣の王はライオンですが、その遥か上にいるのが龍神様です(※決してライオンを下に見て […]

  • 2021年2月13日

茶色の持つスピリチュアルな意味 安定や堅実さを示す人気カラーについて説明します。

茶色は非常に使いやすく、様々な場面で使われる人気カラーの一つです。 赤色や金色などにみられるような派手さ、きらびやかさとは無縁ですが、時代や流行に左右されない永遠の定番・人気カラーです。 ではなぜ茶色は人気カラーになったのか? 人気の理由には必ず理由がございますが、茶色の場合も同様です。 その理由と […]

  • 2021年2月11日
  • 2021年2月13日

銀色の持つスピリチュアルな意味と効果的な使い方とは?

銀色は日本ではとても人気な色の一つです。 対をなす金色と同じく特別な色ではありますが、金色と比べると親しみやすく 取り入れやす色でもあります。 それは 金賞、銀賞という概念があることから 金色は「一番」で銀色は「二番」という印象を多くの方は持っているからです。 となると金色の方が人気があるように思え […]